「ひとり時間」に作戦会議のススメ

こんにちは、ゆきの(@2001senpea)です。

 

あなたは一人でいる時間はありますか?

 

その時間、なにをしていますか?

 

 

今回はわたしがひとり時間を大切にするようになったきっかけや、ひとり時間にやっていることについてお伝えしますね。

 

 

 

 

きっかけ

 

f:id:yukinolife:20180603205654j:plain

 

あなたはひとりで過ごす時間、好きですか?


それとも苦手?嫌いですか?

 

私はひとり時間が好きですし、あえて作るようにしています。

 

今ではひとりの時間がないと、モヤモヤして、落ち着きません。

 

 

わたしが自分と向き合うひとり時間を大切にし始めたのは、30歳のころ。

 

それまでは、一人でいる時間はあっても「ひとり時間」を意識したことはありませんでした。

 

 

意識するようになったきっかけは「『ひとり時間』のすすめ」を読んだことでした。

 

 

著者の中山庸子さんは、やや年上の「いい女」に「ひとりのとき、どんなふうに過ごしているのか?」という質問をしたそうです。

 

その答えが

 

「ひとりの部屋で、とことん自分と付き合っているのよ。まあ大げさに言えば『自分の世界の構築』ってことかな。ひとりで作戦を立てるのよ。(中略)あなたも、今まで『若い』とか『かわいい』だけで勝負してきたのとは違う作戦を立てなさいね。女の人生、これからが長いのよ」

 

 

それまで自分と付き合うなんて、考えたこともありませんでした。

 

これからの人生のこと、どう生きていくのか、やりたいこと、仕事のこと、過去を振り返ってグズグズすることはあっても、この先のことを真剣に考えたことはなかったのです。

 

その場その場をふわふわと、深く考えずに生きていました。

 

 

 

ひとり時間を作った結果

 
「『ひとり時間』のすすめ」を読んだことをきっかけに、意識するようになったひとり時間。

 

同じころ「『朝』日記の奇跡」を読み、朝日記をつけるようになりました。

 

 

手帳術の本を何冊か読み、予定を書くだけではない、手帳の使い方をするようになりました。

 

 

当時は日記や手帳に対して、憧れの気持ちが強かった気がします。

 

日記や手帳を使いこなすって、なんとなく「いい女」なイメージだったから。

 

 

そんなイメージ先行ではじめた日記や手帳。

 

自分の行動や気持ちを書きだすことで、少しずつ人生が変わり始めました。

 

当時は変わり始めているなんて、まったく気が付いていませんでしたけど。

 

自分と向き合い、作戦会議を繰り返し、今、なんでも楽しむように、人生そのものを楽しむようになりました。

 

 

 

「ひとり時間」に何をする?

 

なんとなくひとり時間を過ごすのと、意識してひとり時間を過ごすのは違います

 

以前のわたしがそうでしたが「一人でいる時間」はたくさんありました。

 

でもその時間を充実した時間、楽しい時間、意味ある大切な時間にしていませんでした。

 

 

意識してひとり時間を作る、その時間を大切な作戦会議として過ごす。

 

 

作戦会議といわれても、何をすればよいのかわからない人もいるでしょうか。

 

 

・日記

 例えば、わたしのように、日記を書いてみる。

 

日記に日々のできごと・感情を書きつらねる。

 

時々読み返してみる。

 

 

・手帳

 手帳に行動を書いていく。

 

今日の予定・明日の予定・今週の予定・今月の予定、日々の予定を改めて眺めてみるのも大事です。

 

 

・モーニングページ

 モーニングページをはじめてみる。

【モーニングページ】よくある5つの質問の答えと、みんなのやり方ご紹介 - my info~心と時間の整頓ツール~

 

朝は無理と思うなら、お昼や夜、時間を作って書いてみても良いかもしれません。 

 

 

・やりたいこと・やりたくないことリスト

 やりたいことリスト・やりたくないことリストを書いてみる。

 

「やりたいこと」だけじゃなく「やめたいこと」「やりたくないこと」も書いてみると、新たな発見があります。

 

「やりたいこと」がパッと浮かばない人も「やめたいこと」「やりたくないこと」は浮かんだりしませんか?

 

 

・実行への作戦会議

 「やりたいこと」を実行するための作戦会議をしてみる。

 

小さく簡単に動けることは、行動してしまう。

 

大きなことなら、小さな行動まで分解する。

 

 

どれもピンと来ないなら「ひとり作戦会議にやってみたいこと」を考えるのはどうでしょう。

 

ひとり時間にあなたはなにをしたいですか?

 

どんなことを考えたいですか?

 

 

my info(おわりに)

 


わたしを変えてくれた「ひとり時間」。

 

自分と向き合うひとり時間を作ってみよう、あなたにも、そう思ってもらえたら嬉しいです。

 

ひとり時間、ぜひ意識して過ごしてみてくださいね。