【早起きキャンプ】早キャンを終えて(メンバー編)

こんにちは、ゆきの(@2001senpea)です。
 
 
4月30日「早起きキャンプ」が終了し、前回はトレーニーとしての振り返りを書きました。
 
 
 
今回は早起きキャンプを終えて「メンバーとしてやりたいこと」の振り返りを書きます。 
 
 
 

 メンバーとしての振り返り

f:id:yukinolife:20180513201207p:plain

 
 
 
「早起きキャンプ(以下『早キャン』)」とは、ブログ「実り多き人生」のみのりさんが主宰しているオンラインコミュニティです。
 
 
2018年3月1日からの2ヶ月間、行われていました。
 
 
わたしはトレーニーとして参加しましたが、一人のメンバーでもあります。
 
そこでトレーニーとしてやりたいこととは別に、メンバーとしてやりたいことについても、ブログ記事にまとめました。
 

【早起きキャンプ】早キャンでやりたい3つのこと(メンバー編) - my info~心と時間の整頓ツール~

 

この記事で、わたしがメンバーとしてやりたことを3つあげました。
 
①楽しむこと
②早寝の定着
 
③自分を知ること
 
この3つについて、振り返りをします。
 
 

楽しむこと

トレーニーとしてもメンバーとしても、早キャンを楽しみたい、そう思いながら参加しました。
ワークは全部できなかったし、途中、体調の関係で朝の書き込みができないときもありました。
そういう「できなかったこと」も含めて楽しめましたし、得たものがあったな、と思います。
 
1ヶ月だけ楽しむなら、体調的に無理したり、ちょっと根性出してがんばったり、少々家族にしわ寄せすることで、乗り切れるかもしれません。
でも2ヶ月となると、一時的なやり方では難しいです。
家族との日常生活や仕事も大切にしながら、どうやって楽しみながら早キャンに参加するか。
考えながら参加していると、自然に時間の使い方を意識するようになりました。
 
早キャンを楽しむことで、時間の使い方も考えることができました。
 
 
 

早寝の定着

 
早キャン参加の2ヶ月間で、定着させることができました。
 
今も22時までにはお布団に入れています。
 
 
朝活サロンに参加してから半年以上、その重要性がわかっていながら、定着しなかった早寝。
 
早寝が習慣化されたのは、4週目のワーク「夕方以降の過ごし方を見直そう」がきっかけでした。
 
 
このワークに取り組んだおかげで、夜時間の理想の過ごし方が体感できました。
 
 
具体策の
 
1.とにかくさっさと入浴する。
 
2.夜のパソコン起動時はSNS禁止。
 
は今も継続しています。
 
この具体策をやめてしまったら、早寝はまたできなくことが確実です。
 
今後も継続していきます。
 
 
 

自分を知ること

 
早キャンに参加し、自分と向き合うことで
 
1.6時間睡眠は難しい、とわかった。
 
2.仕事の日の朝時間は、ルーティンができれば良し、と思えるようになった。
 
3.モーニングページが自分にとって必須だとわかった。
 
の3つのことがわかり、納得できました。
 
 

1.6時間睡眠は難しい、とわかった。

ずっと6時間睡眠に憧れていて(単純に朝のひとり時間が長く取れるから)、睡眠6時間でぱっちり目が覚める日も多いのです。
 
でも寝起きはスッキリしていても、日中眠くなります。
 
 
風邪をひきやすいのは、睡眠時間のせいなのか、年齢的な問題なのか、職場が変わった影響もあるのか、判断が難しいのですが、 睡眠時間が短いことも原因の一つと思いました。
 
わたしには6時間睡眠は難しい、とかなり諦めがつきました。
 
 
 
2.仕事の日の朝時間は、ルーティンができれば良し、と思えるようになった。
 
6時間睡眠が難しいので、睡眠時間を長く取るように、意識的に二度寝をするようになりました。
 
そうすると、出勤時間が決まっている仕事の日の朝時間が短くなります。
 
仕事の日にルーティン以外のことができなくて、がっかりすることが多かったです。
 
 
でも以前のことを思い出してみると、もっとギリギリの時間に起きていて、ルーティンどころか、身支度ですらバタバタ、慌ただしくしていたのです。
 
手帳記入・モーニングページ・ラジオ体操・10分読書・朝日記のルーティンができれば十分と、心から納得できました。
 
 
 
3.モーニングページが自分にとって必須だとわかった。
 
時間がないときや他にやりたいことがあるとき、モーニングページをしないことがありました。
 
数日書かないでいたら、頭の中がモヤモヤしたのです。
 
今まで、モーニングページを書かない日が続いても、それほどモヤモヤすることはありませんでした。
 
 
自分の変化に対し、以前より敏感になったかもしれません。
 
モーニングページはわたしにとって必須だと気づけたので、優先度をあげようと思えました。
 
 

my info(おわりに)

 
早キャンに参加し、ワークに取り組んだことで、今まで朝活サロンに参加していたとき以上の気づきを得ることができました。
 
5月1日(正式スタートは5月7日)から、早キャン2ndがはじまっていて、わたしも参加しています。
 
 
 
前回同様、ワークがあるほか、メンバー同士の交流をより深められるような企画が増える予定です。
 
どんな出会いがあるのか、ワークによってどんな気づきが得られるのか、今回の早キャ以上にとても楽しみです。