【早起きキャンプ】早キャンを終えて(トレーニー編)

こんにちは、ゆきの(@2001senpea)です。
 
 
4月30日「早起きキャンプ」が終了しました。
 
今回は「早起きキャンプ」を終えて「トレーニーとしてやりたいこと」の振り返りを書きます。 

 

  

トレーニーとしての振り返り

 

f:id:yukinolife:20180510204537p:plain

 
 
「早起きキャンプ」とは、ブログ「実り多き人生」のみのりさんが主宰しているオンラインコミュニティです。
 

【募集終了しました】2ヶ月で早起きスタイルと自分軸を整える「2Monthsオンライン早起きキャンプ」を開催します! - 実り多き人生

 

2018年3月1日からの2ヶ月間、行われていました。
 
わたしはトレーニーとして参加し、スタート時に「トレーニーとしてやりたいこと」として、ブログ記事にまとめました。
 

【早起きキャンプ】早キャンでやりたい3つのこと(トレーニー編) - my info~心と時間の整頓ツール~

 

 

この記事で、わたしがトレーニーとしてやりたいことを3つ書きました。

 

①楽しむこと

 

②サポートすること

 

③経験を伝えること

 

この3つについてそれぞれ振り返ります。

 

 

楽しむこと

 

わたしがトレーニーとしてやりたいことの一番目にあげたのは「楽しむこと」でした。
 
日ごろから「なんでも楽しむ」を意識しているので、今回はじめてのトレーニーという立場も、楽しむことを意識しました。
 
 
トレーニーという立場に、もちろん責任も感じました。
 
でも責任に縛られて、今までのように朝の時間を楽しめない、ということは避けたかったのです。
 
そういう楽しんでいない雰囲気って、周りの人に伝わると私は思っています。
 
 
トレーニーは「参加メンバーさんのちょっと先を行く先輩」的な存在です。
 
そういう存在の人が楽しんでいないコミュニティって、ちょっとがっかりしませんか?
 
そう思ったので、改めて意識して参加するようにしました。
 
 
結果、早キャンの2ヶ月は、トレーニーという初めての役割も楽しみながら参加できました。

 

 

サポートすること

 
メンバーさんへのサポートとして、ピンときた書き込みには、なるべくコメントするようにしました。
 
でも体調がイマイチの時期が長く、思ったほどはコメントが書き込めませんでした。
 
体調が悪いときに無理をしようとは思っていませんし、睡眠優先の生活は大切なので、後悔はないですが、ちょっと残念な気持ちはあります。
 
 

経験を伝えること

 
悩んでいる様子の方がいれば、経験をお伝えしたいと思っていました。
 
でも参加メンバーさんはそれぞれ、自分のペースで朝活を楽しんでいるように感じたので、特に経験を伝えることはしなかったです。
 
 
もっと交流を深めたら、小さな悩みや葛藤が伝えやすかったかもしれません。
 
「サポートすること」同様、ちょっと残念ですし、トレーニーとして力不足だったなと思います。
 
 

my info(おわりに)

 
5月1日(正式スタートは5月7日)から、早キャン2ndがはじまっています。
 
わたしは今回もトレーニーとして参加しています。
 
力不足な部分もあったのに、トレーニーとしてまた参加できることを本当にありがたく思います。
 
 
2ndでは、今回の反省を活かして、もっと積極的にメンバーの皆さんと関わろうと決め、行動しています。
 
もちろん楽しむことも忘れません。