2019年1月を振り返る

こんにちは、ゆきの(@2001senpea)です。

 

 

2019年1月は

 

・最優先:2018年を振り返る

 

・優先:手帳使用の変更部分を習慣化

 

・諦める:ルーティン以外の朝活

 

を意識して過ごしました。

 

 

今回は「ゆきのの2019年1月」を振り返ってみます。

 

 

 

1月の最優先

 

スキーを持っている可愛い雪だるまの置物

 

最優先すること

 

1月の最優先は2018年を振り返ること

 

 

2019年は最初の1か月を使って、前の年をゆっくり振り返ることにしました。

 

 

 

例年は12月に手帳や日記を見返しながら、新たな年のことを考え、新しい手帳を書いています。

 

でも2018年12月時点のわたしには、それがどうにも違和感でした。

 

 

「2018年の1年って12月31日までじゃない?終わりきっていないのに振り返ったり、目標考えたりって変じゃない?」

 

そんな子どもの屁理屈のような思いが、わきあがったのです。

 

 

その思いに従い、年が明けてからゆっくり1年を振り返ることにしました。

 

 

振り返り

 

 

手帳を見返しながら、しっかりゆっくりと2018年を振り返ることができて、すごくスッキリしました。

 

 

あれが一年前のことだなんて……もっと前かと思った……ということが多かったです。

 

 

関東に大雪が降って、夫と周りの歩道まで雪かきしたな……とか

 

平昌オリンピックやサッカーワールドカップのリアルタイム観戦(もちろんテレビ)、すごく興奮したっけ……

 

大阪や北海道で大きな地震があって、知っている人たちのことがとても心配だった……

 

西日本では豪雨の被害もありました。

 

 

改めて、1年って長い。

 

自分が思っていたよりもずっとたくさんのことが起こっていたし、色々な経験をしていました。

 

 

それに気がつけました。

 

 

 

1月に優先すること

 

優先すること

 

1月に優先したことは、新たな手帳使用の習慣化です。

 

 

バレットジャーナルの本で知った「Habit Tracker(ハビットトラッカー)」という習慣化の記録を12月からはじめていました。

 

 

12月は順調に記入できました。

 

新しいことをはじめるのは楽しくて、1か月は比較的続くことが多いのです。

 

わたしの場合、2か月目、3か月目に挫折することが多いので、1月は完全に習慣化させます。

 

 

 

振り返り

 

「Habit Tracker(ハビットトラッカー)」の記入は、すっかり習慣化されました。

 

 

夫には「何それ……そういうのホント好きだねー」と呆れられましたが、うん……本当にわたしこういうの好きみたいです。

 

人によっては、そんなことに時間をかけるなんて……と無意味に思えるでしょうが、好きなので意味なんてなくても良いのです。

 

 

 

1月に諦めること

 

諦めること

 

ルーティン以外の朝活を諦めることにしました。

 

 

12月の振り返りをして「朝活時間には、ルーティンのモーニングページ・手帳記入・ラジオ体操ができれば満足みたい」と気がつけました。

 

それ以外のこと(読書や編み物、お友だちへの返信やパソコン作業など)は朝のひとり時間、という感じなのです。

 

 

1月は、ルーティン以外の朝活を諦める、と決める。

 

決めてみたら、どう感じるのかを試してみます。

 

 

 

振り返り

 

今まで「少しでも早起きして、朝活時間を長く取りたい」と思っていました。

 

「ルーティンの3つができる時間があれば十分」と決めたら「少しでも早く起きたい」と思わなくなりました。

 

 

最近は早く覚醒しても、お布団で横になっています。

 

寝ているのか起きているのかよくわからない、ぼんやりした、そんな時間も心地良い。

 

前夜お布団に入ってから8時間前後経ったころ、起き上がります。

 

 

以前は、昼食後に眠気がありました。

 

8時間お布団にいるようにしてから、眠気を感じることがなくなって快適に過ごせています。

 

 

 

my info(2月の過ごし方)

 

 

2月は

 

・最優先:夫の靴下を仕上げる

 

・優先:22時消灯

 

・諦める:お布団でのスマホ

 

としました。

 

 

 

3月前半に、また振り返ります。

 

 

◆「幸せ結婚生活のコツ」についてのブログも書いています。

my letter~妹たちへ~